【令和4年6月9日(木)】理科の授業で、ICT機器をフルに活用していました!1年生では「セキツイ動物の分類」、3年生では「身のまわりある電池」について学習していました。1年生で扱われた右上写真の「100問テスト」、分かりますか?私はまったく自信がありません。「タコやイカ、アサリなどの動物の仲間を何というか。」という設問がありました。分かりますか?3年生では「電池」の仕組みについて、専門的な見地からまとめられた映像資料を視聴しました。これが、実に専門的で、本格的で、ビジュアル的で、分かりやすい!思わず「先生たちは一体、授業準備や教材研究にどれほどの時間を割いているのだろう?」と考えてしまいました。授業中や事後の生徒の表情に、学習の満足感が表れていたように感じます。