【令和4年2月28日(月)】義務教育を間もなく修了する3年生に向けて、校長が道徳授業を行いました。7クラス全部ではありませんが、3組と5組で「生命の尊さ」をねらいにした授業を行いました。助産師・内田美智子さん著「お母さんは命がけであなたを産みました」からの資料教材で、ある妊婦さんの「死産」にまつわる物語を取り上げました。授業の様子こそ撮影できませんでしたが、参加生徒はみな真剣に考えてくれました。写真は、授業で扱った写真教材と、生徒がまとめた道徳ノートです。文中にある「そこにいるだけでいい」という言葉、この言葉の意味をじっくりかみしめてほしいと思います。