平成31年度(令和元年) 指導の重点

本年度の重点
(1)確かな学力の育成
  ◇学習のねらいを明確にし、基礎的、基本的な学力の定着と活用力の育成に努める。
  ◇基礎基本の確実な定着のため、個に応じた指導、支援の充実を図る。
  ◇すべての教科で言語活動を充実し、協働的な学びを通し学力を高める。
  ◇情報活用能力、情報選択能力とプレゼンテーション能力の向上を図る。
  ◇読書活動を推進し、読む力を高めると共に、論理的な考え方や表現力をみにつける。
  ◇学習に関する小・中連携を進め、連続性のある学習規律、学習内容を確立する。

(2)幅広く自己有用感を持った生徒の育成
  ◇生徒の主体的活動を大切にした委員会活動、部活動を推進する。
  ◇家庭・地域との連携により、健全な生活習慣、食習慣の維持、改善を図る。
  ◇ボランティア活動、福祉体験活動の積極的推進により、責任感と奉仕の心を育てる。
  ◇キャリア教育、体験的な学習の充実により、発達段階に応じた勤労観、職業観を育てる。

(3)規範意識の確立と豊かな心の育成
  ◇「時を守り、場を清め、礼を正す」指導の徹底。(気持ちのよい挨拶・心を磨く清掃)
  ◇情報を共有し、共通理解、共通行動で取り組む生徒指導体制を確立する。
  ◇適切な資料選択と展開の工夫により、自己を深く見つめる道徳授業を実践する。
  ◇道徳的価値観と実践力を高める教育活動の充実により、いじめを許さない態度を育成する。

(4)安心、安全な学校づくり
  ◇教職員・生徒の危機管理意識を地域と共に高める。(リスクマネジメント・クライシスマネジメント)
  ◇確実な情報伝達、情報共有により、生徒事故の未然防止と早期対応、早期解決を図る。
  ◇掲示活動、花いっぱい活動の充実により、心豊かで落ち着いた学校環境を整備する。
  ◇学区内小学校、市危機管理室、地域自治会との連携により、地域ぐるみの防災体制を確立する。

(5)深い生徒理解に基づいた教育活動の充実
  ◇生徒・保護者との信頼関係を築き、生徒一人ひとりに寄り添う指導支援に努める。
  ◇校内、外を含め、各組織との報告、連絡、相談を密にし、組織的な教育相談活動を充実する。
  ◇通常学級での合理的配慮、ユニバーサルデザインに基づく学校環境づくりを推進する。
 
(6)教職員の指導力向上
  ◇きめ細かな人事評価面談を通し効果的で適切な方策を立て、よりよい実践につなげる。
  ◇新学習指導要領での学力観を正しく理解し、主体的・対話的で深い学びに向けた授業改善を図る。
  ◇積極的に内外の研修に参加し、自己の指導力と専門性の向上に努める。
◇学級力調査を元に学級力向上を図るR-PDCAサイクルでクラスの人間関係を向上させる。

(7)学校運営協議会を基盤とする共育活動の推進
  ◇地域、保護者への積極的な発信と参観機会の充実により、広く深く教育活動を周知する。
  ◇コミュニティスクール運営協議会を効果的に活用した取組の充実を図る。
  ◇「地域を生かす」「地域とともに学ぶ」「地域に貢献する」取組の創造に努める。
 

更新日:2019年04月11日 16:35:53