校長挨拶

挨   拶

校長 山口 真司  
  

   昨年度に引き続き、大和中学校長を務めます 山口 真司 です。和光市で1番規模が大きく、長い伝統ある大和中学校の落ち着いた環境の中、誠実に学校生活に取り組む生徒や教職員と共に充実した1年間を過ごして参りました。今年は新コロナウイルスによる国からの臨時休校・自粛要請の影響で、ようやく今週5月12,13日に294名の新入生を1クラス毎の「入学及びクラス開き」に迎え、総勢804名の生徒達と共に74年目の教育活動が始まりました。 令和2年目を迎える今年は、オリンピックの延期などに加え、日本の学校教育史上でも類を見ぬスタートとなりましたが、こうした不測の状況下でも大和中学校の良さをさらに拡げ、学習・生徒会活動・部活動等の質を高める年にしたいと考えております。おととしより地域運営協議委員と共にコミュニティスクールをスタートしましたが、家庭・地域との連携を強化する活動を増やしてまいります。その一つが飛翔祭であり、昨年度は地域の小学生のための体験部活や合唱・文化部発表をご覧いただいたことで今年度の生徒増にも結びついたと考えております。今年は難しい環境ではありますが地域の方と触れ合う場を設け、今後に繋げようと模索中です。また防災・福祉・環境の面でSDGsを見据えた「地域の方と、地域を学び、地域で活かす人材育成」の機会も考えております。

  本校の学校教育目標は、

 「努力で輝く大和中生」

 1 元気なあいさつ きれいな学校

 2 じっくり学習 打ち込む活動

 3 みんなで協力 思いやる心

ですが、その実現に向け、教職員一同、責任と信念をもって教育活動に取り組むと共に、地域に潜在する人材や施設の活用を図り、まさに美しい心を寄せ合って本校に新たな文化と伝統を生み出せるよう、日々改善に努めて参ります。

 今後も、保護者・地域から信頼される学校づくりを進めてまいりますので、ご理解・ご支援をいただきますようお願い申し上げます。

 

更新日:2020年05月15日 17:16:32